« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月25日 (土)

FF7ACC

「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」

買いました。

内容もよかっし、なんといっても質感がすごい!!


PSが発売された当時、他のゲームのほとんど2D作品だった。

そんな中、発売されたFF7の3Dポリゴンをみて、

なんて凄いんだと驚かされた。

今回のFF7ACもその時とかわらぬ驚きだった。

もう一度FF7をプレイしてみたいなぁ~


FF13体験版

どちらかというとFF12をさらに綺麗にした感じだ。

FF12の場合PS2の限界に挑んでるようだが、

FF13は違ってまだ余裕がみえる。


戦闘はちょっとなれないとプレイしずらい感じがある。

コマンド入力に目が行きがちで、敵をみている余裕がでてこない。

このまま採用されるとしても、

もう少し見やすくならないものか・・・。


驚いたのはNPCとの会話だった・・・

今までのRPGといえばNPCを前にして、

決定ボタンなど押して会話するのが一般的だった。

しかし、FF13は違った・・・。

なんとNPCに近づくと自動で会話がはじまる。

しかもフルボイスときた。


コマンドを開いて『話す←』を選ぶ。

あの懐かしい時代にはもう戻れない・・・。 

2009年4月18日 (土)

期待する新作

今年発売予定のゲームで期待する新作がある。

まずは、言うまでも無くFF13。

これは、ゲームファンなら誰でも気になるゲームだとおもう。

どんな評価であろうが購入を考えている。


ドラクエ9もみんなが期待する新作ではあるが、

俺としては、さほど期待はしていないし、購入も考えてない。

決してアンチドラクエとかFF信者でもない(´ー`)


今、FF13よりも物凄く気になってる新作がある。

ベヨネッタ』(PS3)

最初、動画とかみた感想は・・・・

魔女が主役でこりゃエロイ!!(*´Д`*) ・・・・・・

じゃなくて・・・こりゃ面白そう絶対買いだね!!!

どこかDMCに似ている。

初見でこんなに期待するようなゲームはなかなか無い。


色々調べてみると・・・

ディレクターは神谷英樹

代表作に「バイオ2」「DMC」「大神」がある。

そりゃーDMCに似るはずだ。

もしかして、これって続編みたいなのかなぁー・・

なんて思っていたら、なんと販売元は「SEGA」

なぜ「CAPCOM」じゃないかは不明・・・。

ともかく、FF13とともに期待する新作である。

2009年4月11日 (土)

バイオ5 プロ

まず、最初にバイオ5は

CERO倫理規定によると D指定 17才以上対象

小学生、中学生といった成長過程のお子様には

悪影響を及ぼすかもしれないっていうやつですな。



こういった指定されいるにもかかわらず

中学生がプレイしてるって話もチラホラ・・・

まあこの規定はあまり知りわたってないきもしますがね・・・


規定の話はこの辺にしておき

バイオ5 professional を突き進むことにしました。

敵がかなり強化されており、

一撃でもダメージをくらうとdying状態。

犬や鶏の攻撃でさえ体力半減という凶悪な難易度である。


ベテランやノーマルだと

dying状態でも、少しもたついても間に合うのだが

プロはほんの2.3秒しかなく死に至ってしまう。

AIであるパートナーに回復を任しておけない・・・。

的確な状況判断や、すばやい行動が要求される。


本当にクリアできるのか???(´・ω・`)

2009年4月 5日 (日)

ネタ日記

4月1日 エイプリルフールのネタ日記はどうだったかな?

なにげに縦読みにしてみたのだが、

作るのが難しいね~(´・ω・`)

2009年4月 1日 (水)

実は・・・

オレなんか外国人らしいです・・


今日、母親から話があるって電話してきたんです。

え?なに?なんだろう?


いつものグチかな・・・最初はそう思いました(´・ω・`)



プレステ3でバイオ5でマーセナリーズしてる最中に電話。しかも、

リーパーが丁度でてきた時。苦手とする相手なんだけどね・・

ルート変えたりして・・・話すり変えようとしてるのバレバレ・・


普段はメールの母親だけど、今日に限って電話・・どうやら・・オレ・・・





ルーマニア人らしい・・・





そんな4月1日

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »